春や冬の蜂なら自分で退治することもできる

蜂の巣を見かけた場合は駆除を行なう必要があります

季節ごとの蜂対策

蜂

蜂の行動や習性を知れば、適切な対処方法も自ずと見えてきます。蜂対策のプロである業者に、季節ごとの蜂の様子や対策について聞いてみましょう。

季節ごとの蜂の動き

春の内なら自分で退治することも可能です (駆除業者)

冬を超えたばかりの女王蜂は非常に弱っており、空腹を満たすため花の蜜や樹液などを摂取する必要があります。この時の女王蜂は危険性がとても少なく、攻撃的ではないため比較的楽に駆除することが可能です。ペットボトルを使ったトラップを使用すれば個人でも駆除は行なえますが、攻撃を受ける危険性があるので作業を行なう際は注意しましょう。

夏は無理に対策せずに駆除を依頼しましょう (駆除業者)

羽化した後の働き蜂は飛べるようになるまでの間巣で幼虫の世話を行ない、女王蜂の負担を軽減します。働き蜂の数が増えていくと巣の規模も徐々に拡大していき、蜂の駆除を行なう際の危険性も高くなります。夏の時期は蜂の活動も活発になって攻撃性が高まるので、夏に蜂の駆除を行なう場合は自分達のような専門業者に対処を依頼するのが適切です。

秋も意外と危険なので注意してください(駆除業者)

秋のシーズンは幼虫の餌が少なくなってしまうため、蜂の活動が活発になります。またオオスズメバチは他の巣を襲って幼虫を餌として持ち帰るため、この時期になると多くのスズメバチは神経質になっている可能性が高いです。新しい女王蜂の育成期間とも重なるため、この時期の蜂はとても危険です。

冬は女王蜂しか活動できないので危険性は低いです (駆除業者)

冬になると女王蜂以外の蜂は全て死滅してしまうため、安全に巣を駆除することができます。一度使用した巣は二度と使われることはありませんが、蜂がその場所を気に入ってしまうと同じ場所に新しい巣を作ってしまう可能性が高いです。そのため冬に蜂を退治した際は戻り蜂対策もしっかり行ない、同じ場所に蜂の巣が作られるのを防ぎましょう。

TOPボタン